ホームページ制作代行・ホームページリニューアル・検索エンジン上位表示対策(SEO)のフィス
ホームページ制作リニューアル検索エンジン上位表示対策制作実績紹介ホームページ無料診断

検索エンジン上位表示対策(SEO)

検索エンジン上位表示対策(SEO)のコンセプト

ホームページを制作して公開しているが、効果があまりないと感じているお客様は大変多く、最近大変多くの「検索エンジンで上位表示させる」を謳い文句にしているサービスを目にするようになりました。『SEO』 と呼ばれるこのサービスは、もちろん私共でもホームページを制作していただいたお客様、リニューアルをしていただいたお客様、運営・管理・更新をお任せいただいているお客様に対して提供しております。

『SEO』は、「Search Engine Optimization」の略で、日本語で「検索エンジン最適化」という意味。
デザインの素晴らしいホームページを制作した。中身の大変優れたホームページを制作した。としても、Yahoo!を初め数多くの検索エンジンのことを考えないでいても、ある程度の効果は見い出せるとしたら、それは本当に有名な企業或いは人気商品・システム・特許などの一部の限られたものになるでしょう。

ホームページを制作し、公開し始めたら、問い合わせが何件あったということよりも前にもっと大切なことがあります。それは、公開したホームページをどのくらい多くの方に見ていただけたか?ということです。アクセスが多くあるということは、それに比例して反響も上がると考えて決して差し支えのあるものではありません。
フィスのSEOサービスは、主としてロボット型の検索エンジンに対して対策を行い、キーワードによる検索が行われた場合に、お客様のホームページの上位表示を可能にします。これまでに導入された企業様をはじめ、多くのお客様からもお問い合わせをいただいておりますので、内容をご確認の上でこれを機会に導入をご検討下さい。

検索エンジンとは

検索エンジンは、「ディレクトリ型」と「ロボット型」の2種類あるのをご存知の方も多いと思います。

ディレクトリ型

ディレクトリ型は、ジャンルやカテゴリによってサイトを振り分けており、検索されるとディレクトリごとに表示。検索する目的や情報をジャンル別に探せるため、大変多くの選択肢の中からサイトを選ぶことが可能。しかし、Webサイト登録については、人為的に行われている為、ロボット型と比較すると必然的に登録サイトは少なくなる傾向がある。

ロボット型

ロボット型は、インターネット上をある程度のサイクルをもってロボットが巡回するたびに自動的にデータベースの更新が行われ、新しいページが追加される。基本的にページ内の単語を検索していくため、サイト自体の名称或いは商品名など、特定のものも検索できる。
主要検索エンジンのほとんどは、ディレクトリ型とロボット型を統合したような形となっているため、それぞれが役割を果たしています。

●Yahoo!は、すでにご承知の方も多いと思いますが、ディレクトリ検索で絞り込むことができないキーワードで検索されると、提携先であるGoogleの検索エンジンも併用した上で結果を表示します。
世界的に最も活用されている検索エンジンは、現時点Yahoo!であり、Yahoo!は、Google検索エンジンを採用しているため、フィスのSEOサービスも、Googleを最も重要なターゲットとして対策を講じます。

●従来の検索エンジンは性能が非常に低く、検索した場合でも思うような情報は得られませんでしたが、Googleが誕生してからは画期的な検索として世界中に拡がりを見せました。Googleは、「PageRank」という独自検索システムを導入し、「良い品質のWEBサイトからリンクされているWEBサイトもまた良い」という概念を持ち、リンクを重視することで検索性能の大幅な向上を図りました。巡回ロボットと呼ばれる検索エンジンのシステムはコンピュータープログラムでできており、特定のアルゴリズム(判断規則)というものを持っています。
フィスのCEOサービスもこれに従ってWEBサイトを構築していくことでキーワードによる検索が行われた場合、お客様のホームページの上位表示を実現します。

SEOサービスの対策期間について

お客様の現在公開されているホームページホームページの規模やお客様の検討時間によっても異なりますが、リニューアルを伴う場合で概ね2ヶ月〜3ヵ月位と思ってください。
どのような形で進行していくかという大まかなスケジュール表をお渡ししますので、参考にしながら準備作業を進めていただき、制作の進行の進捗状況を確認しながら進めます。

SEOサービスの料金について

SEOサービスの料金は、内容によって変わります。また、一度対策を講じればOKというものではありませんので、お打ち合わせを要します。まずは、お気軽に『お問い合わせシート』でお客様のご要望をお聞かせ下さい。現在公開されているホームページのサイト構成を考慮し、お客様のご要望に基づいて、なるべく可能な限りの低予算でご提案します。
※色々なところが上位表示対策サービスを提供していますが、時の流れと同様にシステムはどんどん新しくなり、競争はますます激しくなっていきますので、価格だけでなく長い目で見て安心して任せられるところをお選びになられるところを選択されることをお勧めいたします。


ご契約について

*SEOサービスのご提供につきましては、お客様のホームページのサイト構成や変更内容を決定し、作業終了後の維持管理を含めたメンテナンスも含めたご予算が確定しましたら、SEOサービス請負契約書を作成し、その上で正式な作業に入ります。

キーワードの重要性について

SEOを考慮した場合、最も重要になるのは「訪問される方がどのようなキーワードで検索するか」を予め想定しておくことです。お客様のホームページを見てくださる人の検索されるキーワードを予想し、そのキーワードをテキストやページタイトルとして使っていくことは検索エンジンで上位表示されるための第一歩であり、結果として多くのアクセスを呼び込むことを可能にします。売る側或いは提供する側で想定するのではなく、自分が探す側、購入する側、サービスを受ける側としてキーワードを考えてみる必要があるでしょう。
フィスは、お客様任せにこのキーワード選定を行いません。お客様とともに、ビジネスの在り方を一緒に考え、どのようなキーワードにするべきかを一緒に考えます。

ページの最適化について

『ページの最適化』=ページがキーワードによる検索結果の上位に表示されやすいように加工する。
検索結果の上位に表示されるためには、Webページ内の中に必ずテキストのキーワードが入っていなければなりませんし、テキストのキーワードでなければ検索されません。全体としてもある程度のテキスト量も必要です。このテキストの総量に対してのキーワードの挿入比率が『ページの最適化』にとって大変重要なのです。

キーワード比率は、変化していく検索エンジンのアルゴリズムに従って決定していくので、○○%がベストというような断定はできません。また、HTML内タグを検索エンジン仕様に加工する作業を行わなければなりません。
上位表示を望まれる多くの場合は、公開されているホームページのデザインなどを基本的に変更しないで上位表示してほしいと言われますが、キーワードやデザインによっては、変更を余儀なくされるとお考え下さい。
上位表示は、デザインではなく、Webページ内のテキスト情報が重視されるのです。

リンクの最適化について

検索エンジン「Google」は、どこからリンクされているのか、そしてどこにリンクしているかということを重視しています。また、その他の検索エンジンもこれに似たシステムを取り入れていく傾向にあります。
フィスのSEOサービスでは、異なるWebサイト同士のリンク状況を把握し、それに適切な対策を施すことで上位表示を可能にします。検索エンジンは、それぞれWEBページの評価を行うアルゴリズム(判断規則)を持っており、言い換えれば上位表示されないということは、WEBページがアルゴリズム(判断規則)に合っていないということになります。
「ロボット型」の検索エンジンは、システム的にプログラム構築され、「このような場合には順位を上げる」「このような場合は上げない」というようなパターンを組み込まれているので、このパターンを読み取り、WEBページの表示順位が上がらない要因を排除してなるべく上位へ表示されるとようにします。

WEBページのタイトルについて

WEBページにはそれぞれタイトルを付加できます。
検索エンジンでキーワードが検索された場合、検索結果の表示画面に表示されているいわゆる見出しの部分は、この「ページタイトル」に記述された文章が反映されたものです。
ホームページを制作し、公開してはいるけれども、タイトルの記述が何もされていない。又は社名だけが記述されている場合が意外と多く、検索エンジンのロボット対策としては、まず検索されたいと思っているキーワードを記述することは重要です。しかし、長い文章やページ内容と関係ないものは差し控えるべきでしょう。

WEBページ内のテキストについて

検索エンジンで検索されるにはWEBページの中に必ずテキストが必要です。但し、ロボットがテキストとして読み込めないものを入れても意味はありません。テキストの記述に際しては、前述したようにロボットのアルゴリズム(判断規則)に左右されることを念頭に置き、キーワードを強調文字や太字その他を用いて強調する方法もあります。

リンクテキストについて

WEBページのリンクが施されているテキストを見かけますが、リンクされているということは、ジャンプしたリンク先が当然、現在のページと関連しているとロボットも認識し、リンクテキストに記述されたテキストとジャンプした先のページ内容を比較、関連性を調べます。リンクテキストは作ればいいというものではありませんが、検索されるキーワードの記述とジャンプ先のページの中に同一のキーワードを記述しなければなりません。デザイン上、画像でリンクさせる場合がありますが、この場合はIMGタグ内に「ALT属性」を付加することで、リンクテキストと同じような効果を得ることもできます。

具体的な事例を検証しましょう。

フレームのあるWEBサイト

フレームの使われているホームページは大変多いのです。このフレームは、見やすく感じますし、また、制作する側から見るとある意味で作りやすいのですが、実はこの構造だと検索エンジンのロボットに巡回してきても、土台となっているフレームのページしか読み込んでくれません。HTMLのソースを見てみれば、理解されると思いますが、通常、フレームの中にはテキストがほとんど存在していません。また、キーワードも含まれていません。
上位表示を目指すのであれば、まずWEBサイトがフレームスタイルであれば、それを排除したものに変更するか、或いは、フレームの中にテキストを差し込むとか(かなり厳しい)しなければなりません。
フィスでは、デザイン的に見てお客様が現在のスタイルを変えたくないが上位表示をしたいというご要望に対してフレームを除去しても、ほぼ同一のスタイルを維持しながら上位表示されるように努力します。

フラッシュムービーを採用しているWEBサイト

フラッシュムービーは、訪問者に対してインパクトを与えることができますし、きれいな動画ですので、見た感じは大変良いように感じます。しかし、検索エンジンのロボットは巡回してきても、このフラッシュムービーをJPEGやGIFといった画像ファイルと同じように認識してしまい、WEBページ上のテキストとは違いますので、フラッシュ内にどのようにテキストを書き込んだとしても、残念ながら認識してくれません。
では、フラッシュを排除しなければならないのかというと、そこはイメージの世界を無視するわけにもいきません。フィスは、お客様のご要望で数多くのフラッシュムービーを制作しておりますし、フラッシュムービーをトップページの中の一部として取り入れ、それらを踏まえた上で適切なテキストの記述を行っていくことで問題を解決できます。

SEOサービス実施後の管理・運営・更新について

SEOサービスは、原則として対策を講じたら終了というものではありません。
そのままで放置しておけば、せっかく獲得した表示順位もと木の流れとともに、下がっていくのは仕方のないことですし、そのポジションを維持継続又はさらに向上させることが重要と思ってください。管理・運営・更新を主体としたメンテナンス契約と主要検索エンジンの上位表示対策を含めたサービスなど、様々なタイプをご用意しておりますので、詳しくはご遠慮なくご相談ください。

Q&A(質問コーナー)

Q:上位表示についてとても興味があるのだけど、本当にそんなことができるの?

お答え:ご心配はよくわかりますが、上位表示対策は現実的に可能です。但し、どちらの会社も凌ぎを削るでしょうし、検索エンジンも同じ状態であるわけではありません。巡回ロボットも同様です。決して順位を保証できるものではありませんが、少なくともキーワード検索を掛けられた場合に、1ページ目の中にもしくは上位20位以内程度のポジションを常に維持していくことは大変重要ですし、そのための研究や調査は常時行っておりますのでご安心下さい。

Q:なるべく安く上位表示できるようにしたいのだけれど・・・。
お答え:どのお客様もお考えになられることです。
フィスは、お客様のご要望とご予算とあらかじめお尋ねします。
上位表示対策は、技術そのものですし、制作料というよりも技術料として代金を頂戴します。
新聞広告を掲載するにしても枠の大きさに応じて値段も違うでしょうし、媒体によっても価格は大きく異なります。お客様の要望と価格をご納得いただけなければ決して仕事は成り立ちません。

Q: 納品検収後、効果がなかったら返金してくれるのですか?
お答え:効果が現れないということはございませんので、ご安心ください。
遠方だけど、打合せしないで対策を講じてもらえるの?
お答え:インターネットはもちろん携帯電話を含め情報化社会ですのでまったく問題ありません。
むしろ、打ち合わせの為に余分なコスト(営業費や交通費)を排除し、その費用を上位表示対策の内容充実に掛けたほうが良いと思います。電話やメール、宅配便などを通じて資料をご提供いただいたり、ご連絡を取る方法はいくらでもありますので、ご安心下さい。九州や北海道などの遠方のお客様の制作実績もあります。

Q:社内にインターネットとかイントラに関しての知識がないのだけど・・。
お答え:フィスは、コンサルティングベースの企業支援を行っております。
社内LANの構築やコンピュータの導入・設置、社員研修などもまとめてお引き受けしますし、ホームページの内容によっては、情報の流れを含む社内のシステム作りもお任せ下さい。

Q: 費用の支払は合わせてもらえますか?
お答え:フィスにおきましては、通常の場合、お客様の締め支払日に対応させていただきますが、原則としては、制作を完了し、納品検収を受けた日から起算して30日以内にお願いしております。
また、大変恐れ入りますが、初めてお取引をするお客様の場合は制作料金の30%を着手金としてお預かりさせていただいておりますので、ご理解ご協力をいただけますようお願い申し上げます。
但し、どうしてもという場合は、場合によっては、別途支払方法をお話し合いで設定させていただくことも可能ですので、ご相談ください。
また、個人のお客様の場合は、原則として制作費の50%を着手金としてお預かりさせていただいております。

Q: 上位表示対策の実施に際してリニューアルやアクセスカウンターや問い合わせフォームなどは作ってもらえますか?
お答え:もちろん、リニューアルは、お引き受けいたします。色々なパターンを用意していますので、ご相談ください。
上位表示対策をした後の運営・更新・管理などの相談に乗ってくれますか?
お答え:上位表示対策は、一時的なものであってはならないと思っておりますので、フィスにおきましては、継続的なお仕事を前提としてお引き受けいたします。併せてホームページの運営・更新・管理のアウトソーシングをしていると思って私共にお任せください。もちろん、ある程度はご自分のところでなさるのも構いませんし、どのような形での対応をご希望であるかどうぞご遠慮なくご相談ください。
fis-members会社概要
Copyright© 2003, FIS Co.,Ltd Allright Reserved.