ホームページ制作代行・ホームページリニューアル・検索エンジン上位表示対策(SEO)のフィス
ホームページ制作リニューアル検索エンジン上位表示対策制作実績紹介ホームページ無料診断

検索エンジン上位表示対策(SEO)検証

具体的な事例を検証しましょう。

フレームのあるWEBサイト

フレームの使われているホームページは大変多いのです。このフレームは、見やすく感じますし、また、制作する側から見るとある意味で作りやすいのですが、実はこの構造だと検索エンジンのロボットに巡回してきても、土台となっているフレームのページしか読み込んでくれません。HTMLのソースを見てみれば、理解されると思いますが、通常、フレームの中にはテキストがほとんど存在していません。また、キーワードも含まれていません。
上位表示を目指すのであれば、まずWEBサイトがフレームスタイルであれば、それを排除したものに変更するか、或いは、フレームの中にテキストを差し込むとか(かなり厳しい)しなければなりません。
フィスでは、デザイン的に見てお客様が現在のスタイルを変えたくないが上位表示をしたいというご要望に対してフレームを除去しても、ほぼ同一のスタイルを維持しながら上位表示されるように努力します。

フラッシュムービーを採用しているWEBサイト

フラッシュムービーは、訪問者に対してインパクトを与えることができますし、きれいな動画ですので、見た感じは大変良いように感じます。しかし、検索エンジンのロボットは巡回してきても、このフラッシュムービーをJPEGやGIFといった画像ファイルと同じように認識してしまい、WEBページ上のテキストとは違いますので、フラッシュ内にどのようにテキストを書き込んだとしても、残念ながら認識してくれません。
では、フラッシュを排除しなければならないのかというと、そこはイメージの世界を無視するわけにもいきません。フィスは、お客様のご要望で数多くのフラッシュムービーを制作しておりますし、フラッシュムービーをトップページの中の一部として取り入れ、それらを踏まえた上で適切なテキストの記述を行っていくことで問題を解決できます。

fis-members会社概要
Copyright© 2003, FIS Co.,Ltd Allright Reserved.